草雨文舎live 報告


2018.10.14

有珠町、草雨文舎にて ・ lilynaoto + 稲尾教彦 コラボレーション音楽会でした。 ・ 楽器の目の前、真横まで 重なり、寄り添いながら 満員御礼 お越し下さった皆さま 本当に有難うございました! 写真は、リハーサルと終演後のものです。 ・ ・ 陽は、柔らかに降り注ぎ、 紅葉する葉っぱを より鮮明に捉えることができる なんとも気持ち良き秋晴れの中での開催となりました。 ・ 野外からのエッセンスを受け取りながら アトリエ内には、音や声、言葉が 上から降り注ぐよう* ・ 一時間の物語にちょうどよく 染まりゆく午後でした。 ・ ・ 念願の試み 稲尾さんの自作詩による作品とのコラボレーションは とても楽しく、本当に素晴らしい体験でした。 ・ 今、ここで想像するだけでも 呼吸感や躍動が湧き上がってきます。 ・ 有機的でありながらも、 語りの中心軸だけがすーーっと立ち上がってくる 息のコントロール、発声と強弱、身体の使い方、 意識、日本語の理解と探究、、、 「夕立」と「秋」という二つの詩。
夏や秋の季節の中に感じられる、独特の感覚。
そういった風土に根ざし、
立ち上がってくる情緒を、ことばにしたものだそう。 ・ 二つの声が重なっても、濁りがない。 自由に、より響き合え、 言葉たちは さらに、はるか遠くまで歩みゆくよう。 ・ ・ ヴィーガンお菓子料理人として長きに渡り 活動されている稲尾さんのヴィーガンスイーツは どれも大人気でとーっても美味しかった! ・ 詩作品と同様に味わい深いのです。 ・ ・ 終演後、 語りについて、アクセント、声の方向性など 快くお話しして下さった。 私も、稲尾さんのワークショップ受けたいなぁ! 話は、尽きず、、、 ・ ・ 準備から、受け入れ、最後まで支え、寄り添ってくださった 稲尾ファミリー♡ 稲尾さん、いづみさん、水声くん、ふくちゃん、あみくん 本当に有難うございました! ・ また、再会を願って! ・ 合掌◎ lilynaoto


0回の閲覧

©  2011 -  2020  lilynaoto